#a11y タグの付いた Snippet

ボタンを押すと滑らかにスクロールしてコンテンツを表示

2021/01/08

export const SomePage = () => {
  const refContents = useRef<HTMLDivElement>();

  const scrollToContents = useCallback(() => {
    refContents.current.scrollIntoView({
      behavior: 'smooth',
      block: 'start',
    });
  }, [refContents]);

  return (
    <VStack w="100%" minH="calc(100vh - 64px)">
      <Center h={16} pb={16}>
        <IconButton
          aria-label="Scroll to Contents section"
          icon={<FaArrowDown />}
          fontSize="2em"
          onClick={scrollToContents}
        />
      </Center>

      {/* 他の内容省略 */}

      <Box backgroundColor="gray.50" minH="16em" px={[0, 8, 16, 24]} ref={refContents}>
        {/* コンテンツ */}
      </Box>
    </VStack>
  );
};

scrollIntoView を使うと、対象の DOM へスクロールできる。

  • behavior: 'smooth' とすると、スムーススクロールでジャンプしてくれる
  • block で要素の先頭・中央・末尾のいずれへジャンプするかを指定できる
  • DOM 要素の参照は ref で取得し useRef を通して保存する。取得した参照は ref.current からアクセスできる
  • IconButton を利用すると、アイコンをボタン要素として利用できる。SVG アイコンであれば fontSize で大きさを指定できる
  • アイコンを利用したリンク要素やボタン要素には、aria-label をつけること。アイコン単独だと可読な文字列がなく、スクリーンリーダーなどに対応できないため。これに限らず a11y は意識していきたい

references

Writings

blogsnippetcourse

Contact

Home©︎ suzukalight